医師紹介

ごあいさつ

こんにちは。院長の林寛子です。

ケガや火傷の傷痕、手術の痕、生まれつきのあざ・ホクロ、加齢による変化など、周囲がどう思っているかではなく、自分だけにしかわからない悩みというものを、大なり小なり人は誰でも抱えています。
ひとりで抱え込んでしまうほどの大きな悩みでも、「これくらいなら放っておいても」というそれほどご自身では気にならないような悩みでも、取り除いたときにはずっと心が軽くなります。

性別も年齢も関係なく、すべての人にそのことに気づいていただき、すべての人に自分らしく、前向きに人生を過ごしていただきたい。その想いは開院当初から揺るぎないものです。

どんなことでもあきらめずに。まずは一度ご相談ください。
私たちの治療が、みなさまの健やかで美しい人生の一助になれば幸いです。

院長経歴

  • 国立滋賀医科大学医学部卒業
  • 滋賀医科大学附属病院 放射線科、大阪市立大学医学部附属病院形成外科を経て、平成9年より約8年間、冨士森形成外科医院に常勤医として勤務。2,000例以上の手術を経験。
  • 平成17年3月 烏丸姉小路 クリニックを開業
  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本美容外科学会正会員(JSAPS)
  • 国際美容外科学会会員(ISAPS)

主な業績

学会発表・講演会等

  • 2005年4月 第48回 日本形成外科学会(東京) シンポジウム:美容的観点から見た皮弁再建外科 「内皆形成に有用なswinging advancement flap」
  • 2005年10月 第28回 日本美容外科学会総会(横浜)
    シンポジウム:眼の美容外科とアート
    「眉下線切開による上眼瞼除皺術」
  • 2006年6月 第8回 日韓形成外科学会(韓国・済州島)
    シンポジウム:BOTOX
    'Rhytidectomy by BOTOX'
  • 2007年9月 大阪形成外科医会
    パネルディスカッション:美容の皮膚科
    「眉下切開法による上眼瞼除皺術」
  • 2009年1月 日本美容外科学会 第104回学術集会
    シンポジウム:上眼瞼除皺術(眉毛下切開と重瞼線切開)
    「眼瞼下垂症と眉下切開法のコンビネーション」
    「目の印象を変えない除皺術を目指して」
  • 2009年11月 日本臨床形成美容外科医会(広島・靱ノ浦)
    第1回 PRP(多血小板血漿)療法研究会(新大阪)
    「当院におけるPRP(多血小板血漿)療法の経験」
  • 2010年1月 日本美容外科学会 第107回学術集会(東京)
    シンポジウム:下眼瞼の若返り治療
    「当院におけるPRP注入療法の経験」
  • 2010年6月 第10回 日韓形成外科学会(釜山)
    シンポジウム:Filler
    'PRP injection therapy could be a new filler?'
  • 2010年10月 美容医療市民公開講座(京都)
    テーマ:「眼のまわりの若返り」
  • 2010年10月 第33回 日本美容外科学会総会(京都)
    パネルディスカッション:PRP療法は効果があるのか
    「新しいフィラーとしてのPRP療法の有用性とリスク対策」
  • 2011年9月 第34回 日本美容外科学会総会(福島)
    シンポジウム:下眼瞼・中顔面:Lid-Check Junctionの改善
    「眼輪筋吊り上げ術とPRP注入併用によるLid-Check Junctionの改善」
  • 2011年11月 日本臨床美容外科医会(福井) 「富士森流瘢痕治療の考え方」
  • 2013年11月12日 日本臨床形成美容外科医会 シンポジウムー眼瞼下垂手術のこだわり 私の方法「眉毛下切開法ー私の方法」
  • 2014年9月 第22回 International Society of Aesthetic Plastic Surgery(ISAPS) in Rio de Janeiro(Brazil) シンポジウム Session11: Blepharoplasty 「 Effectiveness of Sub-Eyebrow Blepharoplasty」 

 

PRP(多血小板血漿)関連

2009年 

  • 11月14日 日本臨床美容外科医会
    シンポジウム〜自家組織注入療法における工夫〜
      「当院におけるPRP療法の経験」
  • 11月15日 第1回PRP(多血小板血漿)療法研究会
     一般演題 第4群 美容外科関連
      「当院におけるPRP注入療法の経験」
  • 1月9日 第107回日本美容外科学会学術集会(JSAPS)
    シンポジウム〜下眼瞼の若返り治療〜
      「当院におけるPRP注入療法の経験」

2010年

  • 1月9日 第107回日本美容外科学会学術集会(JSAPS)
    シンポジウム〜下眼瞼の若返り治療〜
      「当院におけるPRP注入療法の経験」
  • 6月18日 第10回日韓形成外科学会
     シンポジウム〜Filler〜
     「PRP injection therapy could be a new filler?」
  • 10月8日 第33回 日本美容外科学会総会(JSAPS)
    パネルディスカッション−9〜PRP療法は効果があるのか〜
     「新しいフィラーとしてのPRP療法の有用性とリスク対策」
  • 11月14日 日本抗加齢美容医療学会 MBF青山セミナー
     「新しいフィラーとしてのPRP療法の有用性とリスク対策」

2013年

  • 1月19日 第116回 日本美容外科学会学術集会(JSAPS)
    「PRP療法は脂肪注入に変わり得るか?」
  • 8月 ACR研究会
     「顔面のAugmentationを目的としたPRP+b-FGF療法」
  • 9月 学術雑誌PEPERS No.81〜フィラーの正しい使い方と合併症への対応〜
    「PRP療法ーb-FGF併用による顔面のAugmentation」

2015年

  • 9月21日 第1回 安全なPRP療法研究会
     「PRPの基礎と安全なプロトコール確立の学術的根拠について」

2016年

  • 6月19日 林式PRPFワークショップ開催 於 烏丸姉小路クリニック
  • 10月24日 第39回 日本美容外科学会総会(JSAPS)
    パネルディスカッション〜PRP治療・再生医療〜
      座長 林寛子、楠本健二(関西医科大学形成外科教授)
      演者 杉本佳陽(烏丸姉小路クリニック)
      演題 「サイトカインの機能から考えるPRPF治療の効果と安全性」
  • 10月25日 第23回 国際美容外科学会( ISAPS)
       Session 23 : REGENERATIVE MEDICINE
    「Facial Augmentation by Using PRP+b-FGF Treatment will Surpass Fat Injection」

2018年

  • 6月30日 第132回 日本美容外科学会学術集会(JSAPS)
     シンポジウム「PRPF療法の応用と長期経過」

 

  

論文・執筆

  • 2003年9月発行 日本美容外科学会会報 25巻3号 「眉下皺取術の効果」…林寛子、富士森良輔、廣田龍一郎、小幡有史
  • 2005年10月発行  雑誌「形成外科」48巻増刊号『美容医療・美容外科の基本』(克誠堂出版)
    「ボツリヌストキシン療法」…林寛子
  • 2006年3月発行  雑誌PEPARS『フェイスリスト実践マニュアル』
    「眉下切開法による眼瞼下垂形成術」…林寛子
  • 2008年4月発行  『美容外科基本手術 - 適応と術式』酒井成身編(南光堂)
    Ⅰ.眼瞼 - B.上眼瞼除皺術 1.眉下切開法…林寛子、富士森良輔
  • 2012年 2月 雑誌 形成外科(克誠堂出版) vol.55 特集 ‘ きれいな重瞼術ー私のコツー’ 「切開法を用いた重瞼術⑵ー小切開法ー」
  • 2012年 2月 PEPERS No.62 (全日本病院出版会)外来で役立つにきび治療「外用薬の選択」
  • 2014年3月発行 PEPERS 増大号ー眼瞼の美容外科手術手技アトラス 野平久仁彦編集(全日本病院出版会)「上眼瞼形成術ー眉毛下アプローチ」

ごあいさつ

初めまして、医師の杉本佳陽です。
私はこれまで、主に総合病院で形成外科診療に携わって参りましたが、この度ご縁あって、この烏丸姉小路クリニックで新たな形成外科医生活をスタートさせていただくこととなりました。

形成外科という分野は、非常に多岐にわたる疾患を扱う科でありますと共に、美容外科においても、皆様のお悩みはそれぞれにおありだと思います。少しでも皆様のお力になれるように全力で努めて参ります。
よろしくお願い致します。

経歴

  • 平成17年 京都府立医科大学医学部卒業
  • 平成17年~21年 京都第二赤十字病院研修医 形成外科専攻医
  • 平成21年~24年 京都府立医科大学 形成外科専攻医
  • 平成24年~26年 市立福知山市民病院 形成外科医長
  • 平成26年~ 烏丸姉小路クリニック 医師
  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本美容外科学会(JSAPS) 正会員
075-229-6388