クリニックブログ

2014.11.20更新

年齢を重ねるにつれて気になってくるのが、顔のしわやたるみです。
従来のしわやたるみ対策として、顔の皮膚をはがして行うフェイスリフトなどがありますが、合併症のリスクや体への負担も小さくありません。

当院の美容外科では、できるだけ小さく切開し、手術操作を小さくすることで、より効果が高く、より体への負担の少ない施術を目指しています。

皮膚を切るのはこわいという方には、イントラジェン(GFR)という皮膚を切らずにしわやたるみを治療する最新の方法がおすすめです。
ラジオ波を照射して肌に不可欠なコラーゲンに働きかける方法で、肌への負担が少ないものの効果は大きいのが特徴です。

京都でしわやたるみにお悩みの方は、ぜひ当院にご相談ください。
数々の方法から患者さまに最もあった治療法を提案させていただきます。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

075-229-6388