クリニックブログ

2014.10.28更新

お肌の弾力やハリには、コラーゲンの働きが大きく影響しています。
コラーゲンが網の目のようにしっかりと存在することによって皮膚を支えてくれているのです。

しかし、このコラーゲンは加齢と共に減少してしまい、支える力も弱まります。
また、紫外線によって壊されてしまうという性質もあります。
このように、コラーゲンが不足することによって、しわやたるみに悩まされることになるのです。

ですから、しわやたるみを改善したければ、コラーゲンを生成する必要があります。
そのためには、コラーゲンを生成する役目のある繊維芽細胞の働きを高めればよいわけです。

京都にある当院では、イントラジェンという機器を使い、ラジオ波を皮膚に照射することで弱ってしまったコラーゲンを収縮し再構築します。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2014.10.23更新

年齢を重ねるごとに気になるのはお肌のしわやたるみです。
小じわやほうれい線が目立つようになると、一気に老いを感じてしまうものです。

治療はしたいけれど、メスでお肌を切るのは怖いなという方におすすめの治療法が、イントラジェンです。
これは、お肌を切らずにしわ、たるみの治療が受けられる次世代の治療法です。

イントラジェンは、お肌に欠かすことのできないコラーゲンに着目し、ラジオ波を照射してしわやたるみに働きかけます。
ラジオ波による治療はこれまでもありましたが、実は真皮に熱を伝えるために表皮に少なからず負担をかけていました。
しかし、照射面を格子状にして照射するイントラジェンでは、ダメージを最小限に抑え治療する事が可能です。

京都でイントラジェンをする時にはぜひ当院までご相談ください。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2014.10.20更新

年齢を重ねてくるとお肌がたるんでしまうのは仕方がないことですが、お肌のたるみにより、小じわが増えたりほうれい線が目立ってしまい老けてみえるのは、女性であれば避けたいことです。

当院は京都でイントラジェンという機器による最新のしわとたるみを治療している美容外科です。
イントラジェンはがん治療などでも使用されているラジオ波と呼ばれる電磁波を使用しコラーゲンの生成を促します。
メスなどで皮膚を切ることもないため、お肌への負担も少ないですし、形成外科医が施術を行うので安心して治療を受けていただけます。

イントラジェンによる治療の効果は小じわやほうれい線のほか、リフトアップや小顔、お肌のひきしめなど、様々な女性のお顔のお悩みを改善できます。

また当院では医師によるメディカルエステなども行っています。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

2014.10.08更新

京都で美容外科や形成外科をお探しでしたら、当院へお越しください。
豊富な経験に基づいた技術と知識で、患者さまに納得いただける治療を心がけております。

多くの方が抱えるお肌のトラブルに、シミがあります。
一口にシミと言っても、年齢や肌のタイプなどによって治療法も様々です。
シミの治療にはレーザーを用いることが多いですが、そばかすなら新世代型フォト治療「I2PL」を、肝斑にはレーザートレーニングやお薬を使った治療を用います。
それぞれのシミの特徴に合わせ、最も効果的な方法で治療いたします。

また当院では、しわやたるみの治療にイントラジェンという機器を用いています。
ラジオ派を利用して、コラーゲンの生成を促します。
お肌のトラブルを改善して、美しく前向きに歩んでいくためのお手伝いをいたします。

投稿者: 烏丸姉小路クリニック

075-229-6388