重瞼術(二重まぶた)

微小切開法(2点法、3点法) ※脂肪除去含む

当院がもっとも自信を持つ施術法のひとつです。

特徴

  • 切開口から余分な脂肪を取り出すことが可能ですので、二重瞼にすると同時に瞼の厚ぼったさをすっきり見せることができる
  • 埋没法よりも、重瞼線が消えにくい(脂肪除去による固定力)
  • 糸を残さないため、結膜トラブルの心配がない
  • 傷跡がほとんど目立たない

当院では安全・確実な「微小切開法」をおすすめしております。

治療法

手術は全て手術専用の顕微鏡を使用して(マイクロサージェリー)行います。
まず2mmほどの穴をまぶたに開け、その穴から脂肪や瞼板前組織を抜き出して除去し、皮膚を瞼板へ直接縫い付けます。
術後1週間程度で抜糸が可能です。脂肪を除去するため術後の腫れや皮下出血斑は埋没法より目立ちますが、1週間ほどで回復します。穴を開けたときの小さな傷は、将来的にはほとんど目立たなくなります。

施術料金例

微小切開法(2点法) 両側 ¥172,800(税込)
微小切開法(3点法) 両側 ¥259,200(税込)

※まぶたや眼の形状などによって施術方法が決まります。

埋没法

もっとも一般的に行われる方法で、術後の腫れが少なくてすみ、傷痕も残りません。
ただし欠点として、次のようなことが挙げられます。

  • 腫れぼったい瞼の場合には、微小切開法に比べ、糸が外れて後戻りする可能性が高い(脂肪が除去できないため)
  • 結膜側(まぶたの裏側)に糸が露出し、結膜に傷をつける可能性がある
  • 何度も埋没法を行うと眼瞼下垂症や角膜トラブルの原因になるリスクがある
  • 薄い瞼の場合には、埋没糸の結び目が表面から触れることがある

施術料金例

埋没法 両側 ¥162,000(税込)
075-229-6388