陥入爪・巻き爪(健康保険適応)

陥入爪(爪の縁が皮膚に食い込み痛みや炎症を引き起こしている状態)、巻き爪(爪の断面がひらがなの「の」の字のようになり、肉を巻きこんでいる状態)の治療です。

治療法

陥入爪をフェノール法という痛みの少ない手術方法を用いて根治します。手術は、約5分〜10分で終了します。術後、週1〜2回の通院で完治するまで約10日かかります。

ほとんどが外来手術での治療が可能です。できるだけ痛くない治療を心掛けます。

巻き爪は、爪白癬が原因であることも多いため、その場合は爪白癬の治療が優先となります。

また、手術・通院が困難な方は、ワイヤー(形状記憶合金素材)で形を矯正し、痛みを緩和することができます。

※ワイヤーは、外すとまた陥入爪に戻ってしまうものです。根治的な治療ではありません。

 

施術料金例(3割負担分)

陥入爪手術(フェノール法) 1カ所 ¥4,200
マチワイヤー矯正 ¥5,400(※自費)
075-229-6388